ねーこん大佐のブログ

「勢いで書く雑記ブログ」 日本に元気を!

「帰れる場所がある」「心が落ち着く場所がある」あなたに故郷はありますか??🤔

 どうも。京都在住歴4年のねーこん大佐です。😊

 

 もうスッカリ関西人だと思ってます。

関西弁もそろそろマスターしてきましたね😤

 

「関西はええでー」って言う人ほど、関西出身じゃない事が多いですね。

 

都会に住んでいる人って、結局地方の集まりでしかないと思い始めておりまする!!笑

 

 

そんな4年間住んだ京都は、私にとって故郷の一つでもあります。

 

皆さんはいくつ帰れる場所がありますか?🙋

 

f:id:mmupstage:20180710210319j:image

 

それでは、書いていきまする。

 

 

 

 

①故郷の数だけ、安心できる

 私は生まれてから、18年間は三重県に住んでいました。三重県も、もちろん私の故郷です。たくさんの思い出が詰まっている土地です。

 

 三重県に帰れば、家族がいる。そして、友人がいる。私にとってはかけがえのない場所です。

 

 

今は大阪に住んでいますが、、辛くなったらリフレッシュに帰ったりしています^_^

 

 

※そんな気軽に帰る事ができる場所。

それこそ、故郷です。それがあるだけで、安心できると思います。

 

「今が辛くても、自分には帰る事ができる場所がある。そして、1人なんかじゃない。」

 

 

そう思えるのは、故郷があるからです。

 

 

4年間しか、住んでいない京都ですが、私にとっては思い出がたくさん詰まった故郷です。

 

 

 

故郷を1つに絞る必要なんてありません。

私は故郷は「どこ?」と聞かれたら、2つ答えていますし!!🙋

(三重と京都と答えています。(笑))

 

 

自分にとっての思い出の場所を増やすことは悪くないはず。それだけ、自分の心に余裕を持つ事ができると思います。😊

 

 

 

※ただ、全ての場所が、長く住んだからといって、故郷になるとも限りません。

 

次に書いていきまする。‼️

 

 

 

 

②故郷の条件とは

 私は故郷の条件には、大きく分けて2つあると思います。

 

 

1つ目は、2年以上は住むこと。

 いくら故郷といっても、期間が短ければ、故郷とはよびにくい、、。

最低でも2年は住むべきであると思います。

 

1年目は正直試行錯誤の段階。

2年目からいろいろなものが見えてくるころだと思ってます。

 

 

 

これは、故郷に限った話だけではないです。

部活動などでも、1年目より、2年目のほうがたくさんのことが見えてきますし、上達しますもんね😤

 

 

 

 

2つ目は、そこに大切な人がいるか

 

2つ目は、ずばり「人」です。

 いくら長く住んで、思い出があったとしても、大切な人がそこにいなければ、私は故郷とは呼べないと思います。

 

 

 会いたい人や、大切な人がいてこその故郷。

 

人がいなくなった途端に、そこは故郷ではなく、ただの街になるような気がします。

 

 

 

③まとめ

故郷が私達の居場所であり、帰る事のできる場所。

ただ、そこに大切な人がいなければ意味がない。

 

故郷を持つことは、自分に余裕を持つ事です。

「辛くなったら、帰ればいい。」

そんな風に考えると、気が楽になります。

 

そして頑張れると思います。

 

 

 

私はもっといろいろな地域に住みたいと思っています😋

たくさんの出会いがありますし、何より刺激的。

そして、また自分の故郷ができる!!

 

 

最高じゃないですか??❤️

 

 

 

皆さん飛び立ちましょう^_^

いざ新天地へ!!

 

 

 

 

以上っ!!

 

 

 

それでは、さらばにゃ